透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q478]透析初めて6月で2年になります。最近、むずむず足症候群になり透析すると我慢できない程になります。1日ビシフロール3粒を透析の日だけ朝二粒飲み始めました。

(質問のつづき)

薬を飲んでもおさまりません。ムズムズ感はこの先なくなるのでしょうか?

 

[回答]


●むずむず足症候群について


むずむず足症候群は、腎臓が悪くない方でも生じることが知られていて、不眠などの原因となり、患者さんをとても悩ませる症状です。


しかも、透析をお受けになっている方の方が、むずむず足症候群になりやすく、また、症状も強い印象があります。


●お薬について


まずお薬ですが、お飲みになっているビ・シフロール以外にニュープロパッチという貼り薬があり、こちらがよく効くことがあります。


それ以外に、飲み薬でリボトリールというお薬を使うこともありますが、こちらは眠くなる方がいらっしゃいますので、透析への通院にクルマの運転をされる場合には注意が必要です。


また、漢方薬に黄連解毒湯(おうれんげどくとう)というお薬があり、これが効く方もおいでです。

漢方薬は一般的に副作用が少ないですから、私は最初にこのお薬をお出しし、効かない場合には、上記のお薬をお出しするようにしています。


安全性でいうと、ビオチン(ビタミンH)というお薬があります。

私の印象では、効く方は多くありませんが、ビタミン剤で安全性が高いですから、お試しになる価値はあると思います。


●透析治療での毒素の除去を増やしていくことが大切


最初に書きましたが、むずむず足症候群は透析をお受けになっている方に多いことがわかっています。

その原因は尿毒素によるものと考えられています。


ですから、お薬で症状を抑えながら、透析治療での毒素の除去を増やしていくことが大切です。


例えば、ダイアライザーを大きくするとか、透析時間を延長するなど、あるいは、治療の方法を血液透析から血液濾過透析という方法に変更するやり方もあります。


主治医の先生と相談をしながら、お薬や透析治療の方法を選択してみて下さい。


[回答日 2018/8/13]

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい