透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q480]透析治療を担当する人によって、ドライウェイトの設定以上に水が引けることがありますが、何故でしょうか。

(質問のつづき)

殆どの場合は引けても100gですが、イレギュラーな時は300g以上引けていて、600g引けている時もありました。これは透析治療のシステム上、仕方がない事なのか?それとも、人為的ミスが原因なのでしょうか?

 

[回答]


結論から先に申し上げると、人為的ミスよりも器械の精度の問題の方が大きいと思われます。


●器械(コンソール)の仕組みについて


現在のコンソール(透析用の器械)は、透析支援システムと呼ばれるコンピュータを介して、体重計とつながっていることが多く、その場合、透析前に測定した体重が自動的にコンソールに入力されるようになっています。


そして、ドライ・ウェイトまで、どのくらい除水すればよいのか?の設定を器械(コンソール)が計算します。


これを、透析スタッフが確認して、穿刺を行った後、透析治療が開始されます。


除水量が多い時には、ドライ・ウェイトまで除水しないことがありますので、スタッフが調整をしますが、ドライ・ウェイトよりも多く除水をすることは、基本的にはありませんので、スタッフがわざわざ多めの除水設定をしない限り、過除水になることはありません。


●ダブル・チェック等で人為的なミスを防止


体重計とコンソールが、コンピュータによってつながっていない場合もあります。


この場合には、透析前に測定をした体重とドライ・ウェイトとの差から、その日の除水量を計算します。


人が行う計算ですが、足し算・引き算ですので、まず間違えることはないと思います。


しかも、ダブル・チェックと言いますが、計算を行ったスタッフとは別のスタッフが、その計算が間違っていないことを確認していると思います。


ですので、人為的なミスで0.3kgや0.6kgという過除水が1回ではなく、複数回も起こることは、ほとんど考えられないことです。


●透析スタッフへの相談と、器械のチェックをオススメ


透析の器械の精度ですが、私が医者になった30年前は0.3kgという除水の誤差はよくありました(ほめられた話ではありませんが)。


しかし、現在使用されているコンソールは、除水の誤差は出ても0.1kgであり、0.2kgを超える誤差はまずありません。


それが、0.3kgだとか0.6kgだとかの誤差が出るのであれば、除水量のコントロールをする部分の確認をしていただいた方がよいと思われます。


担当するスタッフによって除水の誤差が出やすいようだという印象をお持ちだとのようですが、上記の通り、人為的ミスによる過除水はかなり稀なことです。


主治医の先生や臨床工学技士に相談をして、器械のチェックをしてもらうとか、別の器械(別のベッド)で透析をお受けになってみるなどの対策を検討していただいてはいかがでしょうか。


[回答日 2018/9/16]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持