top of page

透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q496]10年以上透析患者の80代後半男性高齢者です。毎回腹痛が有ります。 担当医は、これ以上のやれる事は痛み止めだけと返事が有りました。

(質問のつづき)

お腹の血管も石灰化等進んでいる原因との事。 今後どの様な症状が出るのか知りたいです。

 

[回答]


●動脈硬化が考えられます


80歳台の後半という御高齢で、10年以上透析治療をお受けになっているとのことですから、お体のあちこちに動脈硬化が起きていることは考えられます。


実際に「お腹の血管の石灰化が進んでいる」とのこと。


腸に栄養分や酸素を運ぶ動脈(血管)に動脈硬化が生じて、血液が流れにくくなると、透析の後半や終了時にお腹が痛くなることがしばしばあります。


腸が酸素不足に陥っているサインである場合もあります。


●イレウス(腸閉塞)の可能性


もし、さらに動脈硬化が進んでしまって、腸に行く栄養分や酸素が減ってしまうと腸の動きが極端に悪くなって「イレウス(腸閉塞)」を起こす可能性があります。


また、虚血性腸炎と呼ばれていますが、腸の栄養・酸素不足が深刻になると腸が腐ってきてしまうこともあります。


すでに主治医の先生が、対策を講じて下さっているものと思われますが、動脈硬化の悪化を防ぐことや、血液をサラサラにして流れやすくする治療が大切です。


また、便秘が起きないように、食生活に気をつけていただき、必要に応じて下剤をお飲みになるようにして下さい。


治療に関しては、主治医の先生や管理栄養士と相談をしながら進めて下さい。


[回答日 2019/7/10]

bottom of page