透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q504]父が1年前から透析治療を開始しました。シャントを作っていただいた病院は自宅より高速で1時間程かかる場所にあり、手術をしてくださった先生は退職されています。

(質問のつづき)

今は自宅に近い透析専門の病院にお世話になっています。しかし、先日よりシャント部分(左手首の上)が硬くなっているとのことで、針を刺す時に痛みがあり、針が入りにくい状態のため、今は肘より上の部分に刺して透析しています。不信感を持ってしまっているので、シャント治療が出来る別の医療機関で診てもらいたいと考えていますが、転院について、どのように考えればいいでしょうか。

 

[回答]


●シャントのチェックを


ご質問から推察しますと、硬くなってきているのはシャントの手術をしたところだと思います。


だとすれば、一度、シャントのチェックをお受けになっておいた方がよいと思います。


シャント血管が硬くなってきている時には、その部分の血管が細く(狭く)なってきていたり、シャントの血流が止まってしまう前兆のことがあるからです。


●近隣の医療機関で診てもらうことについて


シャントを作った病院に、すでにシャント手術をした先生や、腎臓を診てくれていた先生が退職されているとのことでした。


その場合、高速で1時間も走るのは、ご家族にとってもお父様にとっても負担になりますので、近隣でシャント治療ができる医療機関で診てもらうことは全く構わないと思います。


●シャント手術していただいた医師に診てもらうメリット


シャント手術をした先生に診ていただけるようであれば、遠くて大変ですが、病院に行くメリットがあります。


手術記録では書き切れていない、血管の状態などの記憶がシャント医にはあるものです。


外来で診察するのが別の医師であっても、おかしいとか難しいとか感じた時には、院内にいる手術をされた先生に連絡をとって、一緒に対応を考えてくれることがあるからです。


お父様の負担ができるだけ小さいやり方で、シャントについての懸念が解決されることを願っております。


[回答日 2019/11/30]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持