top of page

透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q506]全自動透析の返血について疑問があります。返血の時に、何故水分を省いて血液だけを体内に戻すことができるのでしょうか?余分な水分まで、体に戻しているような気がして心配です。


 

[回答]


血液透析が終了して、返血をする際には、全自動の返血と手動の返血があります。

最近は全自動の装置が普及してきていますので、手動返血をしたことがないというスタッフもいます。


●血液と透析液が混ざりながら返血されます


全自動の返血でも、手動の返血でも、できるだけ血液だけをお体に戻したいのですが、実際には、水分(全自動装置の場合は透析液)が混じっていて、水分もお体の中に入ります。


血液は、透析のダイアライザー(人工腎臓)の中と回路(チューブ)の中にあります。


これを透析液で押すのですが、どうしても透析液と血液とが混ざりながら返血されてきます。


返血中の回路を御覧になると、血液が透析液で薄まりながら、お体に返ってくるのを御覧になったことがあるかも知れません。


特に、返血の最後の方は、かなり透析液で薄まった血液が戻ってきます。


●返血分として除水量を設定しているので心配はありません


余分な水分がお体に戻されていないか御心配になっているということでした。


結論を申し上げますと、透析治療を開始する際に、「返血分」として除水量を設定していますので、余計な量の水分がお体に戻る心配はありません。


また、返血の際の水分を減らしてしまうと、今度はダイアライザーや回路の中に血液が残ってしまう可能性もあります。


これに限らず、透析治療における疑問点があれば、透析室のスタッフにご遠慮なく質問をしてみてください。


[回答日 2020/1/27]

タグ:

bottom of page