透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q519]乳がんの手術後(右乳房の全摘術とセンチネル生検後)、このシャント側で透析を継続しても問題ないでしょうか?

(質問のつづき)

もしシャント側で透析継続が望ましくないのであれば、どのように透析を継続するべきでしょうか?

 

[回答]


●シャント側での透析の継続について


透析をお受けになっている方で乳がんの手術をお受けになる方は少なくありません。


乳がんの切除をお受けになり、同時にリンパ節の郭清という処置(リンパ節転移があった場合、転移リンパ節を残さないように取る処置です)をお受けになると、その側の腕が腫れることがあります。


そちら側にシャントがあると、腫れのために穿刺が難しくなることがあります。


センチネル生検だけで、郭清を行わなければ、腫れることは少ないと思いますが、絶対に腫れない、という保証があるわけではありません。


●シャントの使用が継続できなくなったとき


もし、シャントが腫れてしまって穿刺が困難になったり、腫れがひどいために腕の使用に支障が出るような場合は、シャントを閉鎖し、反対側(左側)に新たにシャントを作ります。


まずは、乳がんの摘出手術をお受けになって、その後の経過を見て、透析主治医の先生と相談しながら対応をお決めになって下さい。


[回答日 2020/11/3]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持