透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q544]ANCA関連血管炎から透析治療を始めた母のことで質問です。一度、血液透析透析を始めてから腹膜透析にしても、尿量は今以上に増えることはないのですか?水分制限はこれまでと同様に必要ですか?


 

[回答]


ご質問への回答としてはたいへん申し訳ないのですが「やってみないとわからない」というのが正直なところです。


●腹膜の性質はかなり個人差がある


腹膜の性質にはかなりの個人差があって、腹膜透析を行った場合に、除水がたくさんできる方と、あまりできない方がいらっしゃいます。


除水がたくさんできる方は、血液透析よりも水分制限が緩和されますが、除水量が増えなかった場合は、血液透析と同じように水分制限が必要となります。


●尿量について


尿量に関しても、やってみないとわからないという点は同じです。


お母様が腎臓を悪くされた原疾患がANCA関連血管炎ということですので、尿量が増えることはあまり期待できないかもしれません。


●腹膜透析と血液透析との併用療法


腹膜透析で十分な除水ができなかった場合は、血液透析との併用療法が選択されることがあります。


これは腹膜透析を行いながら、週に1回血液透析を行うもので、私が診させていただいている患者さんにも併用療法の方がいます。


せっかく腹膜透析を始めたのに、血液透析も行うというのは患者さんやご家族にとっては残念な感じがするかも知れませんが、やってみると「快適」とおっしゃっていただけることが多い印象です。


なお、日本で腹膜透析をお受けになっている方の約5人に1人は併用療法をお受けになっています。


[回答日 2022/5/10]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持