透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q546]夜の生活ができません。私としたくないの?と聞いたら、自分はもう勃たないから、あまりしたくない、と言われました。

(質問のつづき)

主人は週3回の透析を受け体力もないのは本当にわかっています。私が精神的にしんどくなりました。

 

[回答]


透析をお受けになっているご本人にとっても、パートナー様にとっても大切な問題ですね。


●透析をお受けの男性でみられます


透析をお受けの男性では、勃起不能や勃起持続時間の低下を認めることがしばしばあり、このため、性行為に関心がなくなったり、性欲が低下したりすることが多いことが知られています。


●原因について


確かに、血液透析は疲れる治療ですが、原因は御心配されているような体力の低下だけではなく、心の問題や、内分泌=ホルモンの問題などが、複雑に混じり合っていることが推測されています。


原因となるホルモン異常としては、プロラクチンというホルモンが高くなってしまうことが起きるのですが、通常の血液透析での検査では、このホルモンを測定することは ほとんどありません。


●対応策について


御主人が透析の主治医の先生と相談をされると、原因から調べてもらえると考えます。


しかし、こういった問題は、恥ずかしさなどもあって、なかなか主治医の耳に届かないのが現状です。


検査はともかくとして、性行為をきちんとできるようにということであれば、お金はかかりますが、バイアグラなどの勃起をサポートするお薬が有効なことがあります。


バイアグラは、併用してはいけないお薬がいくつかありますので、これも、主治医の先生にチェックしてもらいながら処方していただくことになります。御主人にとって、ハードルが高いかもしれません。


デリケートな問題ですので、御主人もなかなか相談をしにくいのであろうと思います。


しかし、大切な問題ですので、お話し合いをしながら、主治医の先生をまじえて、今後の治療などを相談してみて下さい。



[回答日 2022/6/30]

タグ:

関連記事

[回答] はい、基本的には問題なく戻ることができます。 ただし、戻りたい(転院したい)とお考えの病院に、透析の空きベッドがない場合は、引き受けていただけません。 また、透析導入病院(透析を始める病院)の中には、透析導入と合併症の入院透析だけを行い、外来通院の透析は行わない、という病院があります。 この場合も、引き受けてもらえないと思います。 まずは、現在透析をお受けになっている病院で、転院をしたい

(質問のつづき) 痩せている自覚もなく食欲もあるので、DWを下げられると、また食事を減らさなきゃと辛くなります。 [回答] このようなご質問は、多くの患者さんから寄せられます。 まず、DWを下げようと指示が出た場合ですが、食事を減らす必要は全くと言っていいほどありません。 減らしていただきたいのは塩分と水分だけであって、エネルギー(カロリー)やタンパク質などは、これまで通りでよいですし、場合によっ

(質問のつづき) 母の話では、最近、規定量の水を取りきれたということで、透析が4時間よりも早くに終わるようになったとのことです。主治医の先生には、水分も今より増やして良いし、もっと食べて体重を増やすように言われているようですが、神経質な母なので、制限を緩めることに抵抗があるようです。本当に制限を緩めても大丈夫なのでしょうか? [回答] まず、お母様のお身体を最も診ているのは主治医の先生です。 ご質