透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q552]降圧剤が朝から夜に飲むようにと変更がありました。透析は午前中に4時間やっています。なぜ夜に変わったのか教えていただきたいです。


 

[回答]


降圧薬の内服時間がなぜ変わったのか、正確なところは主治医の先生にしかわからないのですが、以下のように推測をいたします。


午前中に透析をお受けになっている方では、朝、降圧薬をお飲みになるとそのお薬の効果と除水の影響から、血圧が下がり過ぎる方がいらっしゃいます。

そのような場合、降圧薬の内服を夕食後やねる前にずらして透析中の血圧下降を防ぐことがよく行われます。


自覚症状がなくても、透析での血圧の下がり過ぎは、心臓などに負担となることが知られています。

あまり高くなるのは問題ですが、下がってしまうよりは少し高めの方がよいと考えており、その分、透析中以外の時間帯の血圧はきちんと下げましょう、とお話ししております。


透析では、血圧と同様、血糖も下がる傾向にありますので、透析中の低血糖にも注意が必要です。


血圧も血糖も透析で下がりやすく、かつ、下がり過ぎはお体に負担になってよくない、とご理解下さい。



[回答日 2022/10/14]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿