HOME > 透析Q&A > イライラ ダイアライザー FB BS−U

>>前のページに戻る

透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(454)
透析の基礎知識の入手(7)
透析治療の導入(22)
透析治療について(177)
腎移植について(3)
腹膜透析について(11)
日常生活・食生活(68)
合併症(108)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(10)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(27)
医療・介護従事者からの質問(14)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
その他(37)

Q452.

ECUMとHFの濾過はどう違うのですか?


●ECUMは水分除去が目的で、透析液を使用しません

ECUMの主な目的は、水分の除去です。

透析液は使用しませんので、尿毒素やカリウムの除去はあまり期待できません。

血液から水分を絞り出すイメージをもっていただけるとよいと思います。

この水分の中には、尿毒素やカリウムも含まれていますが、上記のように、透析液が流れていませんので、血液中の濃度とほぼ同じだけ、濾液(除去した水分)に出てきています。

そのため、治療中や治療後であっても、血液中の尿毒素やカリウムの値はほぼ同じです。

●HFは大量の補液を併用し、分子量の大きな物質を除去する量が増えます

HFでは、上記のECUM治療中に20リットルや40リットルという大量の補液を併用します。

例えば、ECUMで2リットル除水をすればよいと仮定をします。
HFで40リットルの補液をするとすれば、42リットルの除水を行うことになります。

このようにすると、ECUMの時と同じように、尿毒素やカリウムは血液中の濃度と同じだけ濾液に含まれます。

ですが、除水量が多いですから、ECUMの場合と比べれば、これらの物質を除去する量が増えるのです。

特に、通常の血液透析(HD)に比べて、分子量の大きな(粒の大きな)尿毒素がよく除去されることがわかっています。


[回答日 2017/7/12]

 

▲ページトップへ