透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(520)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(24)
透析治療について(203)
腎移植について(3)
腹膜透析について(16)
日常生活・食生活(75)
仕事(5)
合併症(124)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(33)
医療・介護従事者からの質問(19)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(38)

Q12.

透析に関する知識がほとんどありません。どのような本を読めばいいのか教えてください。

私もすべての本に目を通しているわけではないので、 あくまで参考程度の意見、という前提で話をします。

まずは原則として、厚くない本、もっと言ってしまえば薄い本を おすすめします。イラストが多いのもいいですね。
厚い本は、透析のすべてを網羅しているようで、「これ一冊で大丈夫」 という、頼りがいがあるように思われますが、逆にそれをすべて読むのは 疲れる作業です。まずは透析全般のことにつてザッと理解していただければ いいので、薄くてすぐに読み終わることができる本がいいと思います。

手元にある本をご紹介しておきます。

■透析ハンドブック、よりよいセルフケアのために (第3版)
小川洋史ほか監修、2000年、医学書院、2800円
amazon.co.jpでの本の紹介
当院では新人看護婦の教育に、この本を活用させていただいてます。
ご家族の方にもお薦めできる本ですが、「薄くてすぐ読める」という ボリュームではありません。何かわからないことがあったら、 目次や索引を使って調べてみる、という使い方がいいかもしれません

■透析をうける人の看護Q&A (初版)
村本淳子ほか編集、1998年、廣川書店、2415円
amazon.co.jpでの本の紹介
amazon.co.jpでの本の紹介
看護教育のために書かれた本ですが、とてもわかりやすいQ&A式の 書き方がされており、ややこしい専門用語もありませんので、 専門的な知識がなくても、十分に使えると思います。
ただし、厚いです。1ページ目から最後まで読破しようとしない方が いいかもしれません。

■透析者のための運動・栄養療法ガイドブック
平野宏著、2001年、メディカ出版、1400円
amazon.co.jpでの本の紹介
このくらい薄い本がいいですね。ただし、シャントのことや 透析の原理については書かれておらず、タイトルどおり 運動・栄養について書かれています。
また、第6章の記録に関しては、ボクは不要ではないかと考えています。

[回答日 2002/4/1]

▲ページトップへ