透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(535)
新型コロナウイルス感染症対策(1)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(25)
透析治療について(204)
腎移植について(3)
腹膜透析について(19)
日常生活・食生活(77)
仕事(5)
合併症(128)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(34)
医療・介護従事者からの質問(20)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(40)

Q13.

透析と合併症にはどのような関係があるのでしょうか?

透析療法は、われわれ医療従事者にとっても、患者さんやご家族にとっても、合併症との戦いです。

心筋梗塞や脳卒中を引き起こす動脈硬化、悪性腫瘍や肺炎といった、直接命に関わる合併症から、骨折・かゆみ・不眠といった、 それ自身は命に関わらないとしても、患者さんを苦しめる合併症まで、さまざまな合併症に悩まされます。

もちろん、透析を受けることそれ自体が苦痛であるとしても、これらの合併症がなかったら、透析は今よりは明るいものとなるはずです。

当クリニックのことになりますが、透析自体の施設以外にもhttp://www.e-touseki.com/clinic/magarikane.php にあるような、様々な施設を設けているのは、透析という医療が、合併症との戦いであるからです。
そして、スタッフにも高度な専門知識や、経験が求められるのです。

[回答日 2002/4/1]

▲ページトップへ