透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(524)
新型コロナウイルス感染症対策(1)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(24)
透析治療について(203)
腎移植について(3)
腹膜透析について(17)
日常生活・食生活(75)
仕事(5)
合併症(126)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(33)
医療・介護従事者からの質問(19)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(38)

Q161.

母が30年位糖尿病を患っています。骨折をした際に内臓の検査をしたところ、腎臓の機能が、低下しているとのこと。 薬を使い治療を1週間したが、良くならないので、透析治療をすすめられました。 1週間で判断できるものなのでしょうか?

糖尿病を30年間くらい患っていらっしゃる、とのことですが、 骨折される前の腎機能はどの程度だったのでしょうか?

骨折前に、すでに腎臓の働きが悪くなってきていて、それが 骨折などを機に急に悪化したのであれば、1週間くらいの経過を見て 透析を始めることはありうることです。

糖尿病から腎臓が悪くなった場合、回復することがとても難しいため 入院前が軽度の腎機能低下であっても、入院中に腎臓の働きが 急激に悪くなってしまうと、透析を考えていくことがあるのです。

また、骨折の治療として手術をするのであれば、その手術を安全に行えるように ある程度早めに透析を始めることも、主治医の判断としてはあることだと おもいます。

お母様の場合は上記のどちらかであると推測されるのですが、 腎機能が急に悪くなってきたのか、あるいは、お母様の全身状態を 良好に保つため、早めの透析治療を考えているのかは 主治医の先生にお尋ねになってみてください。

いつも申し上げることですが、疑問に思ったら、 ご納得できるように説明をお願いしてみてください。

透析が始まると、多くの場合は生涯続ける必要があります。 ですから、ご本人はもちろんですが、ご家族も納得をされた上で 治療をお受けになることはとても大切なことなのです。


[回答日 2006/8/15]

▲ページトップへ