透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(520)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(24)
透析治療について(203)
腎移植について(3)
腹膜透析について(16)
日常生活・食生活(75)
仕事(5)
合併症(124)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(33)
医療・介護従事者からの質問(19)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(38)

Q180.

透析中寝た状態で血圧を測ると、右向き・左向きで血圧が違います。 なぜでしょうか?

● 体位と血圧

心臓から全身に送られた血液は、再び心臓に戻ってくるのですが、 この血液の「戻って来やすさ」は、体位によって異なります。

たとえば、立位(立っている状態)では、足から血液が心臓まで 上ってこなければなりません。

臥位(寝ている状態)では、足の高さと心臓の高さは ほぼ同じですから、血液は心臓に戻って来やすいことになります。

そして、血液が戻って来やすい状態の方が、血圧は高くなる傾向があります。

● 右向き・左向きで考えると

それでは、ご質問の寝た状態での、右向き・左向きはどうでしょうか?
心臓は体の中心よりも左側にありますので、上の例と同じように考えると、 左を下にした方が血液は戻って来やすいことになります。

ただし、この場合には、どちらの腕で測定をしているのかにも 注意が必要です。左を下にしていても、血圧を右腕で測るのと 左腕で測るのでは、血圧の値が異なるはずです。

これは、右腕の方が心臓よりも高くなりますから、その分だけ 血圧が低く出るからです。

このように、体位と血圧を測る腕との関係で、血圧が変わってくるものと 思われます。

[回答日 2007/4/4]

▲ページトップへ