透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(520)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(24)
透析治療について(203)
腎移植について(3)
腹膜透析について(16)
日常生活・食生活(75)
仕事(5)
合併症(124)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(33)
医療・介護従事者からの質問(19)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(38)

Q199.

透析施設で働いています。 返血時の生食の量について教えてください。 私の施設では、300mlで返血しているのですが、全部使用するということでは なく、返血時の回路の血液の色で判断しています。 それは個々で差があると思うのですが、生食で返しすぎと言われました。 いったい何を目安にして返血を終了したらいいのかわからなくなりました。 そのCE(臨床工学技士)がいうには、返しすぎたら残るからよくないと、 回路の血液は薄まってきたら、もう血液ではないのだから、 水を返しているのと一緒だということでした。

当院では200mLの生食で返血をしています。
回路まで含めたプライミングボリュームを200mLと計算しているからですが、 基本的には、ダイアライザーと回路がきちんときれいになるまで 返血をするようにしています。

貴院のCE(臨床工学技士)の方が言うように、薄くなった血液には、 赤血球などの重要な成分はあまり含まれていないかも知れません。
けれども、たとえば回路内の液が、まだ赤味を帯びているとすると、 そのまま廃棄してしまうのは、患者様の不安の原因となるかも知れないのです。

最終的に、ドライウェイトで終了すればよいのですから、 プライミングボリュームから除水設定を考慮して、 その量で返血すればよいのではないかと考えています。

「返しすぎたら(体重が)残ってしまう」と指摘されたのは、 そのことだと推測いたします。

しかしながら、チームで医療を行うのですから、何かしらの疑問があったら、 透析担当の先生をまじえて、看護師さん、CE(臨床工学技士)と、 相談をしてみてはいかがかと思います。
それが患者様のためにもなると思いますので、当クリニックでは、 十分にスタッフで相談するようにしています。

[回答日 2007/10/23]

▲ページトップへ