透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(535)
新型コロナウイルス感染症対策(1)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(25)
透析治療について(204)
腎移植について(3)
腹膜透析について(19)
日常生活・食生活(77)
仕事(5)
合併症(128)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(34)
医療・介護従事者からの質問(20)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(40)

Q23.

透析をしている場合は、運動してはいけないのでしょうか?

透析をお受けになっている患者さんへの運動処方は、 個々のケースによってかなり異なります。

主治医の先生とよく相談しながら、ご自分にあった運動を 許可された範囲で行うようにしましょう。

まず注意する点です。

透析患者さんのほとんどの方に貧血が合併しています。
心機能が低下していることがしばしばありますし、 筋肉量の低下も珍しくありません。
透析治療が長期にわたっている人の中に、骨が悪くなっている人が いることにも注意が必要です。
10年以上の透析歴をお持ちの方では、特に女性では軽い負荷でも 骨折してしまうことがあります。

次に運動の良い点をお話ししましょう。

透析患者さんの運動は、適切に行われれば中性脂肪の減少、 HDLコレステロール(善玉コレステロールですね)の上昇、 耐糖能の改善、高インスリン血症の改善、降圧剤の減量、 抑うつ状態の改善、といったさまざまな好ましい反応が得られることが 報告されています。

どの程度の運動強度、運動時間、頻度がいいのかは、 残念ながらきちんとした指針が作成されておりません。

透析患者さんでは、筋肉量が減少すると生命予後が悪くなることが 言われています。
筋肉量を維持するためには運動は必須ですので、 主治医の先生とよく相談をしながら、 長続きする運動の仕方を習得していただきたいと思います。

[回答日 2002/5/19]

▲ページトップへ