透析Q&A

● 分類

全ての質問と回答(520)
透析の基礎知識の入手(8)
透析治療の導入(24)
透析治療について(203)
腎移植について(3)
腹膜透析について(16)
日常生活・食生活(75)
仕事(5)
合併症(124)
高齢者・介護(7)
保険・医療費・公的支援制度(11)
保存期腎不全(4)
妊娠・出産(7)
病院の選び方・つきあい方(33)
医療・介護従事者からの質問(19)
ご家族/ご友人のサポート・お見舞い(12)
災害時・天候不良時の備え(1)
その他(38)

Q238.

透析中に血液が上がったり、下がったりするのは何故ですか? 透析をしている時、血管や体の働きがどの様になっているのか、 詳しく教えていただけますか?よろしくお願いいたします。

●透析治療中の血管の働き

血管の働きですが、透析治療では多くの場合、治療中に血管は拡張をします。
これが、透析中の血圧低下の一因となります。

体には、血圧低下に対応する仕組みがありますから、拡張した 血管を元のように収縮させる動きもありますが、これには 個人差があります。

ですから、血圧が下がりやすい人と、それほど下がらない人とが いるのです。

●血管の外にあった水分が血管の中に引き込まれることも

除水は血液から水分をしぼり出しているのですから、 まずは血管の中の水分が除去されます。

この時点では血管の外(かつ体の中)の水分は多めの状態になっています。
血管の中の水分除去が進むと、血管の外にあった水分が 血管の中に引き込まれてきます。
これを「リフィリング」と呼んでいます。

このリフィリングがスムーズに行われると、血管の中には 透析治療中でも十分な水分がありますので、透析中の 血圧は比較的安定するのですが、リフィリングの速さには 個人差があり、なかなかリフィリングが行われない方では 血管の中が脱水、血管の外には水分が余っている、という アンバランスが生じ、血圧下がったり、こむら返りの原因と なったりします。

●スタッフが常に患者様の変化に気を配っています

透析中の体の働きは?ということですが、透析中に大きな変化が あるのは前述のような血管系になります。

あとは、呼吸数が普段よりも早くなっている方がいます。
心拍数(脈拍)も血圧が下がったときなどには、早くなることがあります。

また、電解質(カリウムやカルシウム)の変化によって 不整脈が出る方もいます。

大まかな話になってしまいますが、このような変化が認められます。

ですから、透析治療中においては、スタッフが常に患者様の変化に 気を配っています。
また、静かでリラックスできる透析治療室であることは、 患者様の体調が良いという証拠でもあるわけです。

[回答日 2009/3/31]

▲ページトップへ