透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q177]父が透析をうけていて透析中、後に「灼熱感がある!」と言うのです。看護師さんに言っているのですが変わらないとの事。透析の機械の温度はどれぐらいまで下げる事ができるのですか?


 

[回答]


● 灼熱感について


まず、この灼熱感についてですが、透析をお受けになっている方に ときどきみられる症状です。

透析の合併症と考えてよろしいかと思います。


● 透析治療での液温について


「透析の機械の温度」というのは「透析液の温度=液温と言います」 のことだと思います。


透析液は、ダイアライザーという人工腎臓で血液と接していますから、 液温を高くすると、血液の温度も上がり、液温を下げると血液の 温度が下がるのです。


したがって、患者様が寒がっているときには液温をあげますし、 血圧が下がったりしたときには液温を下げる、といった調節をします。


● 可能な温度は人それぞれです


お父様が、透析中や透析後の灼熱感に悩まされているとのことで、 液温を下げることによって、対処をされたいようなのですが、 何度まで下げられるかは、お父様が寒がられないかどうかが ポイントだと思います。


液温を下げていくと、寒気が出てくることがあり、通常、 それ以上に液温を下げていくことはしません。


また、血液の温度がさがると、血液そのものにも影響がありますので、 通常は35.0℃以下には下げません。


お父様は灼熱感があるのですから、寒気が来ることはないと思いますが、 自覚症状を注意深くみながら、液温を下げていくことになります。


● その他の対処方法


液温を下げていくだけではなく、透析条件を変えたり (もっと尿毒素をたくさん除去したり)、お薬を使ったり、 という治療法もあります。


もし、これらの治療法を試していらっしゃらないのであれば、 主治医の先生と相談をしてみることをお勧めします。


[回答日 2007/3/7]

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい