透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q242]今年、透析を始めて最初の夏を迎えます。 水分制限中ですが、猛暑での脱水症状が心配です。 日中外出をして、もし脱水状態になったときの 対処法や予防法を教えてください。


 

[回答]


●脱水を防ぐための予防法


脱水の予防法は、透析をお受けになっていない方と同じで、 暑さのピークの時にはなるべく外出を避けていただき、 直射日光のあたる場所も、できるだけ出ないようにすることです。


どうしても外出が必要な時には、外出前に水分を 摂ってから出ていただく方が安全ですが、どのくらいの 水分を摂っていいのかは、どのくらいの汗をかくのかが 人によって違ってきますので、経験的に知っていただくことが 重要だと考えます。


次に、透析治療を受けている方のための 脱水の予防法をご紹介しましょう。


●外出前と帰宅後の体重測定をしましょう


水分制限をされている方が、暑い夏を迎えられた時に 脱水の予防をすることは、重要でありながら難しいことです。


中2日あいた時の体重増加を4-5%以内とするように 水分制限をされていると思いますが、夏の暑い日に 汗をかくと、どのくらいの量を余計に摂取してよいのか、 わかりにくいのです。


実際には経験的につかんでいただくしかないと思われますが、 まずは、外出時間を短くしていただき、外出前と帰宅をされてからの 2回、体重を測っていただきます。


汗をかいた感じと、体重の変化から、どのくらいの量の汗が 出たのかがわかりますね。


●ある程度の水分摂取をしましょう


次には、そのご自身の「感じ」をあてにして、 外出中にある程度水分を摂っていただきます。

同じように、外出前後での体重の変化をチェックしていただければ、 外出中に摂った水分量が適切であったかどうかがわかります。


水分を摂りすぎてしまうことよりも、脱水を回避することの方が 大切ですから、ある程度多めの水分をお摂りになってしまっても 仕方ないと思いますが、このようにして、適切な水分量を 知っていただきたいと思います。


●脱水と思われる症状を感じたら


もし外出中に脱水と思われる症状が出現してしまったら、 涼しいところに移動をして、水分を摂っていただくのが とりあえずの対処と言うことになります。


できれば体重がドライウェイトからどのくらい増えている(あるいは 減っている)のかを測ってみていただくのが確実です。

つまりは、ご自宅や医療機関で体重を測ってみていただくのが 確実ということになります。


いずれにしても無理のないように余裕をもった計画をして 外出なさってください。


[回答日 2009/5/22]

関連記事

[回答] はい、基本的には問題なく戻ることができます。 ただし、戻りたい(転院したい)とお考えの病院に、透析の空きベッドがない場合は、引き受けていただけません。 また、透析導入病院(透析を始める病院)の中には、透析導入と合併症の入院透析だけを行い、外来通院の透析は行わない、という病院があります。 この場合も、引き受けてもらえないと思います。 まずは、現在透析をお受けになっている病院で、転院をしたい

(質問のつづき) 痩せている自覚もなく食欲もあるので、DWを下げられると、また食事を減らさなきゃと辛くなります。 [回答] このようなご質問は、多くの患者さんから寄せられます。 まず、DWを下げようと指示が出た場合ですが、食事を減らす必要は全くと言っていいほどありません。 減らしていただきたいのは塩分と水分だけであって、エネルギー(カロリー)やタンパク質などは、これまで通りでよいですし、場合によっ

(質問のつづき) 主人は週3回の透析を受け体力もないのは本当にわかっています。私が精神的にしんどくなりました。 [回答] 透析をお受けになっているご本人にとっても、パートナー様にとっても大切な問題ですね。 ●透析をお受けの男性でみられます 透析をお受けの男性では、勃起不能や勃起持続時間の低下を認めることがしばしばあり、このため、性行為に関心がなくなったり、性欲が低下したりすることが多いことが知られ