透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q250]長年透析を受けています。すこぶる体調は良好です。今年に入って1度目の検査で、少し炎症反応が出ていると言われ 白血球が14000あると言われました。

(質問のつづき)

2週間後の検査では、同時にヘマトが29から24に下がり、 白血球が20000に上昇していると言われました。 主治医の先生からは感染症の可能性があると言われています。 思い当たることがなく、白血病ではないかと心配しています。

 

[回答]


●白血球が増える原因と検査方法


白血球数の正常値は、おおよそ4000から9000の間です。


14000という数値は、他にどこにも異常がなくても、 時としてみるデータですが、 20000は明らかに異常値と 考えてよいと思います。

また、14000から2週間で20000に 増えていることも気になります。


白血球が増える原因はさまざまですが、一番よく見られるのは感染症です。


しかも、この数値であれば、風邪のようなウイルス性の感染症よりも 細菌性の(バイ菌による)感染症を疑います。


原因を調べるためには、白血球像という検査を行います。

バイ菌による感染症で白血球が増えているのであれば、好中球という種類の 白血球が増えていることが多いのです。


●ヘマトの低下や対処方法について


「炎症反応が出ている」というのはCRPという検査が 高めだったのだと推測されます。


それに加えてヘマトが下がっているのも気になります。


白血球数の増加、炎症反応、ヘマトの低下の3つからは、 主治医の先生が心配されているように、感染症の可能性が 大きいように思われます。


特に感染症の症状がなくても、これらの所見が持続したり、 あるいは場合によっては悪化する時には、 確定診断が得られなくても抗生物質を使うこともあります。


●白血病の可能性について


ご心配をされている白血病ですが、白血病には白血球数が増えるものと あまり増えないものとがあります。


白血球数が20000だからといって、すぐに白血病というわけではありませんが、 さきほど述べました白血球像という検査で、「芽球」という白血球の 子供のような細胞が認められますから、一緒に診断がつきます。


主治医の先生によくご相談なさってみてください。


[回答日 2009/9/8]

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい