透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q331]週3回、4時間の血液透析治療を始めて1年の母が、呼吸が息苦しいと日々訴えます。通院先は「数値は良好なので、精神的な問題ではないか」ということで、母はその対応に不信感を募らせています。

(質問のつづき)

さらに逆流性食道炎になる等、体調があまりにも悪過ぎます。何か解決の糸口はないものでしょうか?

 

[回答]


●息苦しさへの対応について


息苦しいという症状はご本人がとても苦しいものです。


確かに「精神的な問題」で息苦しさを感じられる方もいらっしゃるかとは思いますが、それで片付けてしまうことで息がうまくできていない原因を見逃してしまってはいけないと考えます。


●息苦しくなる原因として考えられること


透析をお受けになっている方が息苦しいとおっしゃられる場合、まず真っ先に可能性を考えるのは水が貯まっていないかどうかです。

これは胸部のレントゲンや心臓の超音波(エコー)の検査で確認をします。


また、水が貯まっていなくても、心臓の働きが悪くなって、息苦しさという自覚症状が出ることがあります。

心臓の働きがいいかどうかも、エコーで確認ができます。


レントゲンにしても心エコーにしても、通常行われる検査ですので、まずはこの検査結果をおたずねになってみてはいかがでしょうか?


●十分な呼吸が出来ているかを検査する方法


十分な呼吸が出来ているかどうかは、血液検査のガス分析という項目で確認ができます。


血液中の酸素と二酸化炭素を測定する検査で、シャントからの血液でできますので、透析を始める際の針刺しの時に、血液を少しいただければチェックできます。


これも通常行われる検査ですので、その結果がどうであったか主治医の先生にお聞きになってみてください。


●逆流性食道炎について


逆流性食道炎ですが、ガスターで症状がおさまっているでしょうか?

もし、まだ胸焼け症状などが残っているようでしたら、PPIと呼ばれている薬がかなりよく効いた経験があります。

そちらも主治医の先生にご相談になってみてください。


繰り返しになりますが、息苦しいという症状はご本人がとても苦しいものですから、早くお母様の体調がよくなることを心からお祈りします。


[回答日 2012/5/31]

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい