透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q492]母が足のエコー検査で骨の年齢が81歳と言われました。 実年令が72です。骨を強くするにはどうしたらいいですか? 低リンミルクとかはどうでしょうか?


 

[回答]


御高齢の女性では骨粗鬆症となり、骨年齢が実際の年齢よりも進んでしまうことはよくあります。


それに加えて、腎臓が悪くなると骨に悪影響がありますので、さらに骨年齢が進んでしまうこともよく経験をします。


●骨を強くするためには


さて、骨を強くするためには、大きく分けて二つのことが必要です。


まず、骨の材料がしっかりとお体の中にあること。

骨の材料は、カルシウムとリンとタンパク質です。


そして、こちらの方が大事なのですが、それらの材料(血液の中にあります)が、骨にまで届いて、骨を作ってくれること。


●リンに注意


御質問にある低リンミルクは、カルシウムとタンパク質の補給には望ましいものかもしれません。


リンは、透析をお受けになっている多くの方で制限されており、実際に血液中のリンが高くなると骨が悪くなることが知られていますので、リンを積極的にお摂りになることはお勧めできません。


●運動が大切


血液中のカルシウム・リンやタンパク質をどのように骨にするか、ですが、これを食事の工夫で何とかしようとするのはとても難しいことです。


日常生活で心がけていただきたいのは、運動です。

しかも、骨が折れやすくなっていますので、ケガに注意しながらストレッチなども交えた運動をしていただきたいと思います。


●薬について


そしてお薬です。


材料(カルシウム・リン・タンパク質)を使って、骨をしっかりさせようとするクスリが何種類も開発されていて、いくつかは透析をお受けになっている方でも安全に使えるようになっています。


主治医の先生と相談をしながら、お母様にとって、どのような治療がよいのか、決めてもらって下さい。


[回答日 2019/4/25]

関連記事

[回答] はい、基本的には問題なく戻ることができます。 ただし、戻りたい(転院したい)とお考えの病院に、透析の空きベッドがない場合は、引き受けていただけません。 また、透析導入病院(透析を始める病院)の中には、透析導入と合併症の入院透析だけを行い、外来通院の透析は行わない、という病院があります。 この場合も、引き受けてもらえないと思います。 まずは、現在透析をお受けになっている病院で、転院をしたい

(質問のつづき) 痩せている自覚もなく食欲もあるので、DWを下げられると、また食事を減らさなきゃと辛くなります。 [回答] このようなご質問は、多くの患者さんから寄せられます。 まず、DWを下げようと指示が出た場合ですが、食事を減らす必要は全くと言っていいほどありません。 減らしていただきたいのは塩分と水分だけであって、エネルギー(カロリー)やタンパク質などは、これまで通りでよいですし、場合によっ

(質問のつづき) 主人は週3回の透析を受け体力もないのは本当にわかっています。私が精神的にしんどくなりました。 [回答] 透析をお受けになっているご本人にとっても、パートナー様にとっても大切な問題ですね。 ●透析をお受けの男性でみられます 透析をお受けの男性では、勃起不能や勃起持続時間の低下を認めることがしばしばあり、このため、性行為に関心がなくなったり、性欲が低下したりすることが多いことが知られ