透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q530]透析治療を受けている母のことで質問です。カテーテルが2本身体に挿入されていますが、母がいまだにカテーテル挿入部が痛痒いと言い、そこに手を触れようとします。

(質問のつづき)

挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか?

 

[回答]


●痒いという訴えは比較的よくお聞きします


私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしています。


カテーテルの出口が痒いという訴えは比較的よくお聞きします。


血液透析の際に、その出口部を消毒したりしますし、保護フィルムやテープによる刺激で痒みが出ることもあります。


広い意味で「かぶれ」が生じるのです。


●痒みが自然に軽くなったり、治ってくれたりするか?


私の経験では、この痒みが自然に(時間が経過することにより)軽くなったり、治ってくれたりすることはあまりありません。


痒みは、とてもつらいものです。


ご質問にもあるように、自然に手が出てしまうこともあります。


ですので、痒みを抑えてあげることは大事なことと考えております。


●痒みを抑えるための対応


一般的には、かゆみ止めの塗り薬を使ったり、消毒の方法を変えたり、保護フィルムを変更したり(あるいはやめてしまったり)という対応をします。


主治医の先生や、透析室の看護師と相談をされてお母様の痒みを軽くする方法を選択してみて下さい。


[回答日 2021/6/28]

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) お腹をの部分を押しているといいと聞きますが、普段の生活での防止になるのですか?また、気を付けることはありますか? [回答] ●腹膜透析とヘルニアについて 腹膜透析をお受けになっている方は、お腹に透析液を入れているため、お腹の中の圧力が高くなり、ヘルニアを起こしやすくなります。 ここで言うヘルニアは、腸がお腹の中から脱出することであり、そけいヘルニア・大腿ヘルニア・臍(へそ)ヘルニ