透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q30]夫が人工透析をしています。子供が腎臓病にかかりやすい可能性は高いのですか?


 

[回答]


ある男性の透析患者さんのお子様が腎臓病になりやすいかどうかは、 その男性の「原疾患」がなんであるか、によって判断されます。


遺伝的な心配があるようでしたら、主治医の先生に相談されると その原疾患から適切なお答えをいただけるのではないかと思います。


さて、少しだけですが、病気と遺伝性についてお話しましょう。


腎臓病の中には、明らかな遺伝性が認められているものがあります。

たとえば、「アルポート症候群」という病気は、難聴と腎不全を ともなう病気ですが、男性に多く、また、遺伝性が認められています。

男性には限りませんが、「多発性嚢胞腎」という病気は 優性遺伝であり、透析が必要となることが多い病気で、 この家系の方は、親子や兄弟で透析を受けていらっしゃる方も 少なくありません。


しかしながら、これらの病気は透析を受けていらっしゃる方の中で 特に多いわけではありません。

現在、透析を受けている方の、腎臓を悪くした元の病気 (これを「原疾患」と呼んでいます)で何といっても多いのは 糖尿病と慢性腎炎です。


糖尿病はある程度遺伝性が確認されている病気ですが、 もしも糖尿病になってしまったとしても、きちんとした治療を 続ければ、必ず透析になるわけではありません。


慢性腎炎は、遺伝が疑われているタイプのものもあるのですが、 多くの場合は遺伝性はないと考えてよいと思います。


このように、人工透析をしているといって、その理由はさまざまな ものが考えられますので、主治医の先生に相談されてみてください。


[回答日 2003/5/26]

関連記事

[回答] はい、基本的には問題なく戻ることができます。 ただし、戻りたい(転院したい)とお考えの病院に、透析の空きベッドがない場合は、引き受けていただけません。 また、透析導入病院(透析を始める病院)の中には、透析導入と合併症の入院透析だけを行い、外来通院の透析は行わない、という病院があります。 この場合も、引き受けてもらえないと思います。 まずは、現在透析をお受けになっている病院で、転院をしたい

[回答] ●動脈チャンバと静脈チャンバ、どちらが長い? なるほど、静脈側のチャンバの方が長い回路が多いようですね。 ですが、一般的にはご質問にもありますが、静脈側チャンバの方が長くて容量が大きくなっています。 日本臨床工学技士会が、2012年に発表した透析回路の標準化基準でも静脈側チャンバの方を大きくしていますね。 しかし、すべての回路がそうなっているわけではありません。 動脈側チャンバと静脈側チ

[回答] 創の状態を見ていないので、断定はできないことをご了承ください。主治医の先生にしっかり確認していただいてください。 原則的には、抜糸が終わっていて、傷口がきれいにふさがっていれば、自転車での移動は問題ないと考えます。 お身体に気を付けていただくことが条件になりますが、積極的にお身体を動かしていただいて良いと思います。 [回答日 2013/12/23]