透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q73]透析をしている人は難聴になりやすいのでしょうか?


 

[回答]


血液透析(あるいは慢性腎不全)と難聴との関係は、 以前より指摘されています。


精密な聴力の検査をすると、透析をお受けになっている方の 6割近くに難聴がある、という報告も見られます。


しかし、そのほとんどは日常生活には支障がなく、 検査をして初めてわかるレベルの難聴です。


聴力障害の原因は不明のことが多いのですが、

  • 尿毒素によるもの

  • 薬剤によるもの

  • 電解質バランスの乱れによるもの(ナトリウムの異常など)

  • 貧血の影響

などが原因ではないか、と考えられています。


腎臓を悪くされた元の病気が「アルポート症候群」という病気の方は 耳が聞こえにくくなることが知られています。


いずれにしても、聴力障害の治療はなかなか難しく、 一度聞こえにくくなってしまった耳を、元のように戻す 決定的な治療はないのが現状です。


[回答日 2004/7/13]

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい