透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q156]BUN/Cr値は適正の範囲でたんぱく質もそんなに摂っていないのにPの値が高いのです。 何か食事で原因があるのでしょうか。


 

[回答]


リンが高くて悩まれている方が、透析をお受けになっている方では たくさんいらっしゃいます。


●リンが高い原因


このリンが高い原因ですが、

「食事で摂りすぎている」か、

「クスリが足りない」か、

「その両者」か、

がほとんどです。


通常のリンを制限しない食事では、一日に約800mgのリンが 体内に取り込まれます。すると1週間では5,600mgとなりますね。


一方、透析でのリンの除去ですが、かなり効率を上げても せいぜい1回の透析で1,000mg程度しか除去されません。

週に3回の透析で、3,000mgということになります。

差し引き、1週間で2,600mgのリンを減らす必要があります。


●もっとも気を付けたい食品


食事中のリンは、タンパク質が多いものに含まれますから お肉・お魚・乳製品などを制限していただく、ということになりますが、 こんさ様は、それほどたくさん食べていらっしゃらないとのこと。

あまり、過度なタンパク(リン)制限をすると、今度は栄養の バランスが悪くなって、タンパク質が不足してしまうことが ありますから、注意が必要です。


食品中で気をつけなければいけないのは、加工食品です。 かまぼこ、さつま揚げ、ハムなどです。


これらの食品は、製造過程で、粘り気を出すために リンを加えていることが多いのです。ハムなどの成分表示をみると 「リン酸塩」と書かれていることにお気づきかも知れません。


同じタンパク質をお摂りになるのでも、加工食品を食べてしまうと、 リンが多くなってしまいます。


● 食事に気を付けてもリンが高くなってしまう場合


もし、これらの注意を守っていただいてもリンが高くなってしまう場合には おクスリを増やすことになります。

上に書いたように、週に2,600mgのリンを何とかしなければならないのですから、 食事だけでは限界があることが多いのです。


リン吸着薬をたくさんお飲みの方も多いかもしれません。

リンを下げることは、骨を守るためだけでなく、命を守るためにも とても大切ですので、主治医の先生や栄養士の方と相談をして 食事制限とクスリをうまく組み合わせて、リンのコントロールに 心掛けてください。


[回答日 2006/6/20]

関連記事

[回答] はい、基本的には問題なく戻ることができます。 ただし、戻りたい(転院したい)とお考えの病院に、透析の空きベッドがない場合は、引き受けていただけません。 また、透析導入病院(透析を始める病院)の中には、透析導入と合併症の入院透析だけを行い、外来通院の透析は行わない、という病院があります。 この場合も、引き受けてもらえないと思います。 まずは、現在透析をお受けになっている病院で、転院をしたい

(質問のつづき) 痩せている自覚もなく食欲もあるので、DWを下げられると、また食事を減らさなきゃと辛くなります。 [回答] このようなご質問は、多くの患者さんから寄せられます。 まず、DWを下げようと指示が出た場合ですが、食事を減らす必要は全くと言っていいほどありません。 減らしていただきたいのは塩分と水分だけであって、エネルギー(カロリー)やタンパク質などは、これまで通りでよいですし、場合によっ

(質問のつづき) 主人は週3回の透析を受け体力もないのは本当にわかっています。私が精神的にしんどくなりました。 [回答] 透析をお受けになっているご本人にとっても、パートナー様にとっても大切な問題ですね。 ●透析をお受けの男性でみられます 透析をお受けの男性では、勃起不能や勃起持続時間の低下を認めることがしばしばあり、このため、性行為に関心がなくなったり、性欲が低下したりすることが多いことが知られ