透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q289]透析治療を受けている家族が、眠れないほど、ひどく痒がります。入浴剤を入れたり、病院からいただいている保湿液をぬるようにはしています。

(質問のつづき)

しかし「身体の内側からきているから外から何か塗っても効き目をあまり感じない」と言います。普段のお薬が多い分も、なるべくお薬に頼りたくないという本人の希望でギリギリまで耐えてますが、特にひどいため結局は飲んでいます。体内の水分や何か栄養が足りないのでしょうか?透析での水分の引きすぎは考えられますか?

 

[回答]


●痒みの原因について


透析治療をお受けになっている方にはいろいろな症状が出ます。

それらの症状が患者さんやご家族を悩ませてしまいます。


痒みはその代表的なもので、透析をお受けの方の皮膚は乾燥していることが多く乾燥肌であるために痒みが出やすいのです。


この原因は、尿毒素によって皮脂腺(脂を出すところですね)の働きや汗腺(同じように汗を出すところです)の働きが悪くなるためだと考えられています。


ですから、尿毒素を十分に除去することをお勧めしています。


ご質問のように、水分の引き過ぎや特定の栄養分の不足で痒みが出ることは考えにくいと思います。


●尿毒素をより多く除去することが大切


どのような症状であれ、透析をお受けの方によくでる症状は、結局のところ「尿毒素が原因となっているか、悪影響を及ぼしているのであろう」と考える必要があります。


ですから、まず真っ先に考えたいのは「透析の強化=尿毒素をより多く除去すること」なのです。


透析時間を長くし、ダイアライザーを大きくし、血流を増やすことで、透析の強化を図ります。


主治医の先生とよく相談をしてみてください。


●外用剤(塗り薬)による保湿


先ほどお話しした通り、透析をお受けの方の皮膚は乾燥していることが多く、乾燥肌は痒みが出やすいですから、保湿をすることが重要です。


そのため、外用剤(塗り薬)を使うこともあります。


また、ほとんどの保湿剤は大きな副作用がないのも利点です。


どうやら、この保湿剤には「好み」があるように感じられます。

どれがご家族に合うのか、試してみてください。


お薬を増やしたくないというご希望だということですが、透析をお受けの方の痒みにだけ適応があるお薬もあります。


痒みは、場合によっては痛みよりもつらいことがありますから、お試しになってみる価値はあるかと思います。


[回答日 2011/2/22]

関連記事

[回答] ●骨密度が低下しやすい 透析をお受けになっている方は、骨密度が低下しやすいことが知られています。 ●治療方法について 治療としては、飲み薬や注射の薬が使われます。 新しい薬も出てきています。 ご質問にあるように、注射の薬で、骨密度がかなり改善するものも使われるようになってきました。 ●副作用について しかし、どの薬であっても副作用を考える必要があります。 どの薬がよいのかは、他の検査(副

(質問のつづき) 頸椎に少し炎症が見られているそうで、化膿性頸椎炎と説明がありました。どのような原因が考えられるのでしょうか? [回答] ●化膿性頸椎炎について 化膿性脊椎炎(お母様の場合は、頚椎ですので化膿性頚椎炎です)は、免疫の力が低下した人に時々みられる感染症です。 透析をお受けになっている方にも起きることがあります。 ●原因として考えられること ご質問では、カテーテルを刺したところから菌が

(質問のつづき) 挿入部はガーゼでテープ止めや保護フィルムなどで覆っているのでそれを取るような事はしませんが痒くて手がそこに行くようです。私は経験ないので母の痒みがどんなのか分かりませんが、その挿入部の痒みは取れないのでしょうか?これからずっと一生続くものなのでしょうか? [回答] ●痒いという訴えは比較的よくお聞きします 私たちはカテーテルの挿入部を「刺入部」と呼んだり「出口部」と呼んだりしてい