透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q307]インフォームドコンセントとはどのような意味ですか。また、家族はネットで調べたりメールで質問することに良い印象がないようです。先生の患者さんが同じことをしていたら先生はどう思われますか?


 

[回答]


●インフォームドコンセントについて


言葉として「インフォームドコンセント」は、一般的に使われるようになってきていますが、その意味については解釈が曖昧な部分もあるかもしれません。


私が考えるには、少なくとも「これこれの説明をして、あなた(患者さん)はそれに同意をしたのだから何かあってもあとからクレームを言っても無駄ですよ」といった「クレームをつけられないようにするための説明責任」という意味での、一方的で冷たい言葉ではないと考えています。


インフォームドコンセントという言葉が使われる前から、

「病状や、今後の治療方針や、その方針以外の選択肢や、推定される今後の見通しなどを説明をすること」

は、医師の役割として当たり前のことでした。


また、その一つ一つの内容に対して、患者さんやそのご家族が質問をされたり、同意や拒否をされることも、患者さんの当然の権利としてありました。


ところが、医師の中には「よらしむべし、知らせるべからず」などという古くさい、まさに化石のような言葉もあって、当たり前のことが当たり前に行われていなかったことが少なからずあったというのも、悲しい現実ではあります。


●ネットでの情報収集や質問をすることについて


本サイトでもお話しているように、ネットで得られる情報がすべて正しいわけではありません。

主治医やスタッフに相談することを大切にしていただきたいと考えています。


ただし、ネットに限らず、いろいろな手段を用いて情報を収集され、それをご自分やご家族がお受けになる治療の参考にすることは、決して悪いこととは思いません。


また、そのようにして得た知識や情報を主治医にぶつけて、質問や要望をされることも、もちろん構わないと思っています。


私自身が診た患者さん、または現在、診ている患者さんやそのご家族にも、いろいろな情報を手にいれて来るかたがいらっしゃいます。


そういう方とお話をしていると「やりにくい」というよりは「熱心に自分の(家族の)病気と闘おうとしている」というように思えて、むしろ、こちらが勉強になったり、姿勢を正されたりすることも少なくないのです。


もちろん間違った情報や、その患者さんには向かない治療方法の情報を仕入れてくる方もおみえです。

その場合には、私が主治医としてきちんと説明をするようにしています。


だまって医者の方針に従え、という時代ではなくなっていると思います。


しっかりとコミュニケーションをとって、患者さんが十分に納得され、相互理解のもとに治療をすすめていければと思います。


[回答日 2011/9/21]

関連記事

[回答] はい、基本的には問題なく戻ることができます。 ただし、戻りたい(転院したい)とお考えの病院に、透析の空きベッドがない場合は、引き受けていただけません。 また、透析導入病院(透析を始める病院)の中には、透析導入と合併症の入院透析だけを行い、外来通院の透析は行わない、という病院があります。 この場合も、引き受けてもらえないと思います。 まずは、現在透析をお受けになっている病院で、転院をしたい

(質問のつづき) 痩せている自覚もなく食欲もあるので、DWを下げられると、また食事を減らさなきゃと辛くなります。 [回答] このようなご質問は、多くの患者さんから寄せられます。 まず、DWを下げようと指示が出た場合ですが、食事を減らす必要は全くと言っていいほどありません。 減らしていただきたいのは塩分と水分だけであって、エネルギー(カロリー)やタンパク質などは、これまで通りでよいですし、場合によっ

(質問のつづき) 主人は週3回の透析を受け体力もないのは本当にわかっています。私が精神的にしんどくなりました。 [回答] 透析をお受けになっているご本人にとっても、パートナー様にとっても大切な問題ですね。 ●透析をお受けの男性でみられます 透析をお受けの男性では、勃起不能や勃起持続時間の低下を認めることがしばしばあり、このため、性行為に関心がなくなったり、性欲が低下したりすることが多いことが知られ