透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q325]透析を受けている夫が無精子症でMD-TESEという手術を受ける検討をしています。手術は土曜日を予定し、局所麻酔と軽い静脈麻酔(プロポフォール)時間は約30~40分です。

(質問のつづき)

月曜日の透析治療に影響があるかどうかを教えてください。

 

[回答]


まず、プロポフォールと局所麻酔の併用で、MD-TESEをお受けになるとのことですが、私が診させていただいている方で、MD-TESEをお受けになった経験のある方がいらっしゃいませんでした。それを前提としてご覧下さい。


●透析治療を受けることについて


麻酔に関しては、いわゆる「軽い麻酔」となるようですので、透析治療をお受けになっている方でも安全にお受けになれると思います。

ですから、手術後の月曜日の透析で、特に問題となることはないと思われます。


●その他で予測されること


麻酔とは別ですが、万が一出血などがあれば、透析治療中に血液が固まるのを防ぐヘパリンという薬剤を他の薬剤に変更する必要が出てくるかもしれません。

これに関しては、MD-TESEを行って下さる主治医の先生から、透析の主治医の先生に連絡が入るはずですから、お任せして大丈夫だと思います。


また、手術前日の金曜日の透析ですが、MD-TESEを行って下さる先生によっては、上に書いたヘパリンというお薬を別のクスリ(フサンという薬があります)に変更するように依頼をされるかもしれません。

この点についても、手術前の透析治療を行う透析施設に連絡が入るものと思われます。


[回答日 2012/4/18]

タグ:

関連記事

[回答] はい、基本的には問題なく戻ることができます。 ただし、戻りたい(転院したい)とお考えの病院に、透析の空きベッドがない場合は、引き受けていただけません。 また、透析導入病院(透析を始める病院)の中には、透析導入と合併症の入院透析だけを行い、外来通院の透析は行わない、という病院があります。 この場合も、引き受けてもらえないと思います。 まずは、現在透析をお受けになっている病院で、転院をしたい

(質問のつづき) 痩せている自覚もなく食欲もあるので、DWを下げられると、また食事を減らさなきゃと辛くなります。 [回答] このようなご質問は、多くの患者さんから寄せられます。 まず、DWを下げようと指示が出た場合ですが、食事を減らす必要は全くと言っていいほどありません。 減らしていただきたいのは塩分と水分だけであって、エネルギー(カロリー)やタンパク質などは、これまで通りでよいですし、場合によっ

(質問のつづき) 主人は週3回の透析を受け体力もないのは本当にわかっています。私が精神的にしんどくなりました。 [回答] 透析をお受けになっているご本人にとっても、パートナー様にとっても大切な問題ですね。 ●透析をお受けの男性でみられます 透析をお受けの男性では、勃起不能や勃起持続時間の低下を認めることがしばしばあり、このため、性行為に関心がなくなったり、性欲が低下したりすることが多いことが知られ