透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q469]夫は49才で透析をはじめて7年を過ぎました。じっとしているのが苦痛で、火曜土曜は3時間、木曜は2時間の透析治療にしてもらってるのですが、それでも行くのがキツくて休みがちです。

(質問のつづき)

家ではご飯を食べるとムズムズがでたり、首や背中左指が痛かったり痒かったりするようで「たたいてくれ!掻いてくれ!」と言います。睡眠も2、3日とれない日もあったり、イライラがスゴく、急に仕事を休むことになることもあります。何か解決方法はありますか?

 

[回答]


大切なご家族が透析をお受けになっていて、しかも体調が思わしく

ないとのこと。さぞ御心配のことと拝察いたします。


●症状と考えられる原因


症状としては、ムズムズ感、痛みと痒み、身の置き所がない感じ、という表現になるでしょうか。

これらは尿毒素が悪影響を及ぼしているものと思われます。


●透析治療で尿毒素をたくさん除去することが必要


まだお若く、しかも男性の場合は、腎臓が悪くなると尿毒素が貯まりやすい状態になりますから、透析治療で尿毒素をたくさん除去することを目指さなければなりません。


その方法は、透析時間を長くして、大きめのダイアライザーを用い、血流をたくさん出す、ことになります。

ダイアライザーの選定や、血流の設定は主治医の先生や臨床工学技士が行ってくれているはずです。


●透析時間の再検討もお勧め


問題は透析時間で、じっとしているのが苦痛ということで短時間透析になっているものと思いますが、これは逆効果だと考えられます。

おつらいかも知れませんが、症状を軽くしていくためですので、透析時間を延ばすことをお勧めします。

最低でも1回4時間、事情が許せば5時間の透析は行いたいと思います。


また、同じ長時間の透析治療となりますが、HDF(血液濾過透析)という治療方法が有効なことがありますので、主治医の先生と相談してみて下さい。


●腎臓移植について


腎臓移植について、お考えになったことはあるでしょうか?

日本ではなかなか普及しない治療ですが、おそらく今お悩みになっている症状は、移植をお受けになると、かなりの部分が解決すると思われます。

お若い方には、ぜひ検討していただきたいと考えております。


いろいろと書かせていただきましたが、すぐにできることは透析時間を延ばすことです。

大変だとは思いますが、ぜひ相談をしてみて下さい。


[回答日 2018/3/28]

関連記事

[回答] はい、基本的には問題なく戻ることができます。 ただし、戻りたい(転院したい)とお考えの病院に、透析の空きベッドがない場合は、引き受けていただけません。 また、透析導入病院(透析を始める病院)の中には、透析導入と合併症の入院透析だけを行い、外来通院の透析は行わない、という病院があります。 この場合も、引き受けてもらえないと思います。 まずは、現在透析をお受けになっている病院で、転院をしたい

(質問のつづき) 痩せている自覚もなく食欲もあるので、DWを下げられると、また食事を減らさなきゃと辛くなります。 [回答] このようなご質問は、多くの患者さんから寄せられます。 まず、DWを下げようと指示が出た場合ですが、食事を減らす必要は全くと言っていいほどありません。 減らしていただきたいのは塩分と水分だけであって、エネルギー(カロリー)やタンパク質などは、これまで通りでよいですし、場合によっ

(質問のつづき) 主人は週3回の透析を受け体力もないのは本当にわかっています。私が精神的にしんどくなりました。 [回答] 透析をお受けになっているご本人にとっても、パートナー様にとっても大切な問題ですね。 ●透析をお受けの男性でみられます 透析をお受けの男性では、勃起不能や勃起持続時間の低下を認めることがしばしばあり、このため、性行為に関心がなくなったり、性欲が低下したりすることが多いことが知られ