透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q169]血管が細くて深い位置にあり「シャント手術が難しい」とのこと。 案の定「静脈が見つからない」とのことで手術は失敗。 再手術をすすめられていますが、心配でなりません。

(質問のつづき)

シャントを上手に手術してくれるお医者さんを探すには、 どうしたらよいでしょうか?

 

[回答]


● 良いシャントとは?


血液透析をお受けになる患者さんにとって、シャントはとても大切です。

命をつないでいる、と言ってもいいくらいです。

しかし、そのシャントで苦労をされる患者さんが多いこともまた事実です。


シャントがうまく作られるか、そのシャントが長持ちしてくれるかどうかは、 次の3点で、ほぼ決まります。


1.患者さんの血管の状態(太い血管の方がよいのです)

2.患者さんの血液の状態

(固まりやすい血液だと、シャントが長持ちしないことがあります)

3.シャント医の力量


● シャント医に求められること


上記の1と2は、患者さんのお体の状態によります。

血管は細くて深いところにあるとのことですから、条件は悪いのです。


そうなると、3のシャント医の力量が重要になります。


シャント手術では、手術そのものの上手下手だけではなく、 シャントのデザインもとても大切だと考えています。


デザインとは、手術の前に、どこらへんにいい血管がありそうなのか、 その血管とどの血管をつなぐのがいいシャントになりそうなのかということです。

そういう戦略を決めてから手術に臨むのです。


ですからシャント医には、次の2のことが求められます。

A.まず手術前に十分な構想を練ること

B.手術中の手先の器用さ


● よいシャント医を探す方法


さて、上手なシャント医をどのようにさがすか? ですが、 これは、とても難しいご質問です。


血液透析・シャントがあまり広まっている治療ではありませんので、 口コミで情報を得ることはそれほどないと考えられます。


経験がものをいうことがありますので、症例数の多い病院であれば、 シャントの成功率も高いであろうと、ある程度は推測することができます。


お住まいの地域で、一番透析導入数が多い病院を探してみることが ヒントになるかも知れません。

いずれにしても、きちんと納得をされてから治療をお受けになることが とても大切です。

同じ先生に執刀をお願いするにしても、ほかの先生にお願いをするにしても、 詳しい説明をお受けになって、十分に納得をされてから手術を お受けになることをお勧めします。


[回答日 2006/10/31]

タグ:

関連記事

(質問のつづき) 透析選択外来で腹膜透析をすると決めたにもかかわらず、医者からはその後の計画などの話がまったく出てきません。この病院ではダメだと思いますので、他の病院に変えたくても医者の紹介状がないと出来ない状況です。どうすれば良いのでしょうか? [回答] ●腹膜透析を選んだ経緯からの推察 透析選択外来をお受けになったとのことですから、血液透析と腹膜透析の違いを理解された上で、腹膜透析を選ばれたの

(質問のつづき) また、母が一番気にしているのは食事での塩分制限です。現在でも塩分制限が厳しいと感じていますが、ますます厳しくなるものでしょうか? [回答] 腹膜透析はお嫌だということであれば、もし透析療法が必要になった場合は、血液透析ということになりますね。 ●塩分制限の必要性について 塩分制限の必要性は、オシッコの量が減ってしまうかどうかに大きく影響されます。 透析療法が始まっても、腎臓病は進

(質問のつづき) SMAP法ではカテーテル留置期間が長い方が良いのか、個人差で変わるのか教えてください。また、APDは座った状態で行っても問題はありませんか? [回答] ●カテーテルを留置する場合の問題と期間 腹膜透析のカテーテルを留置する場合、一番問題となるのは腹膜を貫通する部分からの液漏れです。 SMAPは、この腹膜貫通部を先に手術しておいて、腹膜透析を開始するタイミングで、カテーテルを体外に