透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q511]透析療法が必要だと言われましたが、腹膜透析か血液透析かで悩んでいます。腹膜透析について、腎臓内科の看護師さんから説明を受けたのですが、母は絶対に嫌と言っています。

(質問のつづき)

また、母が一番気にしているのは食事での塩分制限です。現在でも塩分制限が厳しいと感じていますが、ますます厳しくなるものでしょうか?

 

[回答]


腹膜透析はお嫌だということであれば、もし透析療法が必要になった場合は、血液透析ということになりますね。


●塩分制限の必要性について


塩分制限の必要性は、オシッコの量が減ってしまうかどうかに大きく影響されます。

透析療法が始まっても、腎臓病は進行しますので、次第にオシッコの量が減っていきます。


そして、オシッコの量が減ると、塩分の制限も厳しくなってきます。


●やってみなければわからない部分が大きい


すでにお聞きになっていると思いますが、腹膜透析よりも血液透析の方がオシッコの量が減りやすいことが知られています。


ですが、血液透析をお受けになっていても、十分な量のオシッコが出ていて塩分制限もそれほど厳しくない方もたくさんいらっしゃいます。


この点については「やってみなければわからない」部分が大きいです。


いずれにしましても、お母さまのお気持ちを大切に、主治医の先生と一緒にご検討いただければと思います。


[回答日 2020/5/14]

関連記事

(質問のつづき) 透析選択外来で腹膜透析をすると決めたにもかかわらず、医者からはその後の計画などの話がまったく出てきません。この病院ではダメだと思いますので、他の病院に変えたくても医者の紹介状がないと出来ない状況です。どうすれば良いのでしょうか? [回答] ●腹膜透析を選んだ経緯からの推察 透析選択外来をお受けになったとのことですから、血液透析と腹膜透析の違いを理解された上で、腹膜透析を選ばれたの

(質問のつづき) SMAP法ではカテーテル留置期間が長い方が良いのか、個人差で変わるのか教えてください。また、APDは座った状態で行っても問題はありませんか? [回答] ●カテーテルを留置する場合の問題と期間 腹膜透析のカテーテルを留置する場合、一番問題となるのは腹膜を貫通する部分からの液漏れです。 SMAPは、この腹膜貫通部を先に手術しておいて、腹膜透析を開始するタイミングで、カテーテルを体外に

(質問のつづき) 昨年も、あまりにも痩せてしまったので、主治医の先生から塩分制限を一時止めて、体重を増やすように指示が出たことがありました。 透析を始めた場合、今より食事制限は厳しくなるのか、緩くなるものなのか、どちらなのでしょうか? [回答] ●塩分制限よりもカロリー摂取をすすめる理由 腎臓食(透析を始める前の)は、高カロリー・低タンパク食が基本となります。 御高齢の方の場合、タンパク制限はそれ