透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q522]新型コロナウイルス感染症の対策について質問します。血液透析治療を受けている間、激しい咳をする患者が近くに居て飛沫感染がとても気になるし、恐怖さえ感じる時があります。

(質問のつづき)

本来、透析室内の感染対策はどのようにあれば良いのでしょうか。

 

[回答]


血液透析をお受けになっている方は、定期的に医療機関に通院される必要がありますから、外出を避けて自宅で過ごす、というわけにはいきません。


加えて、基礎疾患のある方は新型コロナ肺炎が重症になりやすいと言われており、腎臓病をお持ちの方も、この「基礎疾患」に含まれますので、御心配のことと思います。


さて、御質問にある透析室内の感染対策ですが、通常言われている距離を空ける対策が、もっとも望ましいのだろうと考えています。


しかしながら、現実的には、ベッドとベッドの間を現行よりも広くできる透析施設はほとんどないでしょう。


ですので、現実的な対応として、来院ごとにお熱を測らせていただき、マスクを着用していただき、37.5℃以上の熱が2日以上続いた場合には、ウイルスに感染しているかどうかのPCRという検査をお受けいただくという形になります。


御質問にあるように、咳をされているけれど熱がない方の場合で、PCR検査をお受けになれない場合は、疑い例として、個室透析が可能であれば個室透析とさせていただきます。


個室を用意していない透析施設がほとんどですので、その場合には、他の患者さんと離して透析治療を行うか、時間をずらして他の患者さんがいない時間帯に治療を行うか、それが不可能であればスクリーンやビニールシートなどで咳によって吐き出される痰の飛沫が拡がらないようにするということが行われます。


透析施設によって、どの対策を講じることが可能かが異なりますので、主治医の先生にお尋ねになってみて下さい。


[回答日 2021/1/15]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持