透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q89]もし腕にシャントが出来ない場合に他の部分へのシャントはできるのですか?


 

[回答]


どこにシャントが作れるかは、患者さんの状態によりますので、あくまでも参考としてお答えします。


「シャント」は、一般的には左右どちらかの腕に手術をして血管を太くするものです。

もし腕がダメなら、足(ソケイといって、足の付け根です)、それでもダメならば胸に人工血管を移植してシャントを作る手術をします。


胸のシャントも使えなくなった場合には、例えば、上腕動脈の表在化や、緊急用のシャント用に、首のところに入れる一時的なカテーテル(管)を、皮膚の下に埋め込んでしまい、永続的に使用していこうという新しいカテーテルも、日本で使用できるようになります(米国ではすでに使用されています)。


こういった工夫をしても、 どうしてもシャントが作れない方がいて、そのような場合にはCAPD(腹膜透析)を選択することもあります。

ただし、お身体の状態によっては、CAPDはできないこともありますので、すべての方がCAPDに治療を変更されるわけではありません。


シャントのトラブルで悩まれる方は多いのですが、そのためにさまざまな手術の方法や医療材料が開発されています。

患者さんの状態にもよりますが、透析用のシャントは、なんとかなることが多いですし、実際に何とかしていくのが透析医・シャント医の責任だと考えています。


[回答日 2004/12/9]

タグ:

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持