透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q174]透析後、血圧が下がり直ぐに帰れません。どうすれば、早く帰られるようになりますか。


 

[回答]


● まずは体重の増加の確認を


このような悩みをお持ちの方が少なくないのですが、 まず体重の増加が多くないのかどうかを、 確認していただきたいと思います。


透析と透析との間で、体重が増えてしまうと、 1回の透析でひかなければならない水分の量が増えて、 血圧が下がりやすくなります。


● ドライウェイトは適切ですか


体重がそれほど増えないのに、血圧が下がる場合は、 ドライウェイトの設定が適切かどうかを検討します。


ドライウェイトは、心胸比、透析中・透析以外の血圧、むくみの有無、 hANPという血液の検査、心エコーなど、さまざまな情報を 組み合わせて決めていきます。


もし、ドライウェイトを上げても心臓に負担をかけない状況であれば、 すこし体重を上げてみるとよいかも知れません。


● 薬を用いる方法


ドライウェイトの設定は適切で、それでも血圧が下がる場合には 血圧を上げるクスリ(昇圧剤)を用いることがあります。


昇圧剤には注射のクスリと飲み薬がありますが、それぞれに 特徴がありますので、どちらを用いるかは主治医の先生の 判断と言うことになります。


● HDFを行う方法


また、通常の血液透析を血液濾過透析(HDF)という治療方法に 変更すると、透析中や透析後の血圧が維持できる方もいらっしゃいます。


もし透析をお受けになっている医療機関でも このHDFを行っているのであれば、主治医の先生と相談をしてみては いかがでしょうか?


[回答日 2006/12/28]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持