透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q193]腎不全になった祖母が、病院から血液透析と腹膜透析を 同時にすることをすすめられています。両治療を同時に行うことはできるのでしょうか?

(質問のつづき)

時間の制約が増えたり、食事制限が行われるのではないかと心配です。

 

[回答]


●血液透析と腹膜透析との併用療法


血液透析と腹膜透析との併用療法ですが、確かにそういうやり方があります。

しかも、近年、この方法が腎不全の治療方法として優れている、 という報告があがってきていて、私たちのクリニックのある静岡市でも、 このやり方を勧めている先生がいらっしゃいます。

ただし、申し訳ありませんが、当院ではその経験がありません。


●併用療法の実際


腹膜透析を行いながら、週に1回血液透析という方法が多いようです。

メリットとして、腹膜を休めることができるため、腹膜が長持ちする、 ということがあげられます。

お聞きになっているかもしれませんが、腹膜には寿命があり、 個人差はありますが、だいたい5年くらいで腹膜透析はできなくなります。

そうすると、選択肢は血液透析しかなくなってしまうのです。


一方、血液透析は食事制限や水分制限がある程度厳しい治療です。

ところが、腹膜透析を併用すると、この食事制限がかなり緩和されます。

また、血液透析は原則として週に3回の治療ですが、併用であれば、 上に書きましたように、週に1回の通院ですみます。


●食事制限について


ご心配されている食事制限については、併用療法だから 厳しくなる、ということはありません。

腹膜透析単独であれば、通院は月に1-2回程度ですみます。

また、血液透析のように針を刺されることもありません。

血液透析単独であれば、自宅での治療は不要で(自己管理は必要ですが)、 治療はすべて医療機関(病院・診療所)で行われます。


●ご本人、ご家族、主治医で相談を


もし、併用療法を行うと、どちらもやらなければいけないわけです。

ですが、それだけのメリットもある治療ですよ、ということになります。

お祖母さまのお体の状態や、自己管理が可能かどうか、ご家族のご協力が どの程度得られるか、など、さまざまなことを考慮しながら、どの治療法が よいのかを考える必要があると思います。

ご家族でも相談をなさって、主治医の先生のご意見もお聞きになってみて下さい。


[回答日 2007/8/29]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持