透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q402]透析治療を受けている母が、大腿にシャントを造設しました。車イスを利用していますが、寝たきりではありません。

(質問のつづき)

鼠径部部分を屈曲しない方がいいと聞きましたが、どの程度の屈曲状態を指すでしょうか。また、インターネット上で、穿刺時が非常に痛く、透析治療中の体勢が大変という情報を見ました。治療中はどのような体勢ですか。また、なぜ大変になってしまうのですか。

 

[回答]


●生活上の姿勢でお気を付けいただきたいこと


具体的な姿勢については、和式トイレでしゃがむ姿勢を想像していただければと思います。


その姿勢で股関節を屈曲させると、シャントに悪影響が出てくる可能性がありますので、そのような姿勢はお止めいただいております。


車イスをご利用とのことですが、腰掛けた状態程度の屈曲であれば問題はないと考えております。


●穿刺の痛みについて


穿刺の痛みは個人差が大きいですが、前腕に針を刺すことに比べたら、大腿に針を刺す方が痛みが強いかもしれません。


特に内腿は敏感なところですから、ここに人工血管が通って、針を刺すことになると痛みは強いと思います。


当院で大腿の人工血管でのシャントを使っている方もおみえです。


ペンレス(局所麻酔のテープ剤)を使用しており、穿刺はそれほど苦痛ではないとのことです。


●透析治療中の体勢について


体勢が大変ということですが、当院で太股の人工血管シャントを使っている方では、このような問題は生じておりません。


基本的には、透析治療中は股関節が伸びている状態(足を曲げない状態)で治療を受けていただきますが、寝返りをうって横を向いて、膝を曲げるような姿勢をされると、静脈圧が上昇して透析に支障が出るかもしれません。


透析室のスタッフの方にご相談されてみてはと思います。


[回答日 2015/6/9]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持