透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q457]夫が透析を開始して2年になります。カルタンを1日3錠飲んでいましたが、リン値が6を超えたので、主治医からホスレノールを追加されましたが、夫は「石灰化するから」と飲んでくれません。

(質問のつづき)

2つの薬の違いと、本当に石灰化されるものか教えてください。

 

[回答]


●リンのコントロールと薬の主成分について


リンの値は6以下にコントロールすることが大事です。


食事療法だけではリンの値を低下させることは難しいことがよくありますので、リン吸着剤と呼ばれるお薬を使うことが少なくありません。


カルタンの主成分はカルシウム、ホスレノールの主成分はランタンで、これらの主成分がリンを吸着します。


●カルシウムリン積と石灰化について


さて、石灰化についてですが、リンとカルシウムを掛け合わせた値(カルシウムリン積と呼びます)が高い方が、石灰化を生じやすくなることが知られています。


例えば、リンが5.0で、カルシウムが9.0の場合は、カルシウムリン積は45となります。

この値を低めにしておきたいのです。


●薬によってカルシウムリン積の上昇が変わる


上に書きましたが、カルタンの主成分はカルシウムであり、リンとくっつかなかったカルシウムは腸から吸収されることがわかっています。


そうすると、血液中のカルシウムの値が上昇して、その結果、カルシウムリン積が上昇します。


このことから、リンを下げるお薬としては、カルタンはあまり増やさない方がよいという考え方が主流になっています。

透析医学会のガイドラインでも、カルタンは3000mg以内にするように勧められています。


ホスレノールはその成分にカルシウムが含まれていませんから、カルシウムリン積を上昇させる危険が少ないことになります。


どのようなお薬にもメリットとデメリットとがありますから、カルタンが悪くて、ホスレノールの方がよい、と決められるわけではありませんが、少なくとも石灰化に関してはホスレノールの方がお勧めできると思います。


[回答日 2017/9/30]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持