透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q548]認知症患者が血液透析治療を受ける場合、治療に付き添う必要があるとインターネットで読みました。病院によって、基準は異なると思いますが、どのような状況だと付き添う必要が生じるのでしょうか。

(質問のつづき)

また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。

 

[回答]


ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。


●認知症を合併している方の透析治療について


ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い認知症を合併している方も増加しています。

認知症を合併していても、多くの方は穏やかに血液透析をお受けになって いらっしゃいます。


●付き添いをお願いする例


1)ご家族が近くにいないと不穏になってしまう方


2)透析ベッドから起き上がろうとしてしまう方

血液透析という治療やスタッフに慣れていただけば、穏やかになることがありますので、治療の開始当初には付き添いをお願いすることがあります


3)透析治療中に針を抜いてしまう方、抜こうとする方

針を抜くと大量に出血し、命に関わることがあります


などの場合には、付き添いをお願いすることがあります。


また、病院スタッフや他の患者さんに対して、暴力的な言動をされる方などの場合は、治療をお断りすることがありうると考えます。



[回答日 2022/8/9]

関連記事

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持

[回答] ご質問への回答としてはたいへん申し訳ないのですが「やってみないとわからない」というのが正直なところです。 ●腹膜の性質はかなり個人差がある 腹膜の性質にはかなりの個人差があって、腹膜透析を行った場合に、除水がたくさんできる方と、あまりできない方がいらっしゃいます。 除水がたくさんできる方は、血液透析よりも水分制限が緩和されますが、除水量が増えなかった場合は、血液透析と同じように水分制限が