透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q298]ドライウエイト60kgで透析治療前に63kgですと、除水は3kgとなります。しかし、体重が筋肉量の減少などで(水分でなく)体重が1kg減っていたとすると1kg除水が足りないと思います。


 

[回答]


●ドライウェイトの見直し・再設定について


ドライウェイトの見直し・再設定は常に念頭に置かなければいけません。


とはいえ、本来の体重が日々大きく(何kg単位で)変化することはあり得ませんから、1か月から数か月に一度、ドライウェイトが合わなくなってきたときに再設定をすることがほとんどです。


筋肉量などが減って、実質お痩せになった時に、このような時に、何を目安にしてドライウェイトを下げていくのかについてお答えします。


●自覚症状を大切にしましょう


まず自覚症状を大切にしていきましょう。


ご質問にある通り、除水が足りないことになりますから、透析治療が終わった後、結果としてお体に余計な水分が1kg残っていることになります。


そうすると、以前に比べて体が重く感じる、むくみっぽく感じるという方がいらっしゃいます。


●血圧から検討する


水分が残ると血圧が高くなる場合があります。

透析後半から終了時の血圧が、高めになってきたらドライウェイトを下げた方がよいかどうか検討をします。


血液検査では、HANP(ハンプ)と呼ばれる項目が使用されます。

この検査は、体内の水分が余っていると、数値が高く出るのでドライウェイトの検討には便利な検査です。


●総タンパクやヘマトクリットの値から検討する


また、透析前後の総タンパク(「TP」と記載されているかもしれません)やヘマトクリットの値を比較して、血液の濃縮度をみることによってドライウェイトを決めていくことも、経験的に行われるようです。


●心臓の状況から検討する


水分が余ってくると、レントゲンで心胸比が大きくなります。

また、心エコー(超音波検査)では、やはり心臓の内腔が大きくなったり下大静脈という血管が太くなったりします。


上に書きました検査の結果を組み合わせてドライウェイトが現状のままでよいかどうかを決めていきます。


[回答日 2011/5/31]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持