透析Q&A

  • いい透析ドットコム

[Q484]先月、腹膜透析の手術をしてカテーテル留置して、自宅で透析治療を開始。退院時体重71キロでしたが現76キロに増え除水も余り有りません。

(質問のつづき)

毎日の除水量はトータルでマイナスです。当然浮腫みも出てきて心配です。

 

[回答]


1か月で5kgほどの体重増加があり、腹膜透析での除水もあまりない、とのことで御心配のことと思います。


毒素は十分に抜けているとのことですので、主治医の先生は血液検査の結果を見て下さっており、体重が増加していることもご存知であることを前提にお話しいたします。


腹膜透析を開始して1か月ほど、とのことですが、腹膜平衡試験(PETと言います)の結果はご存知でしょうか?


この結果がL(low)またはLA(low average)の場合、同じ濃度の腹膜透析液でも長めに滞液させた方が除水量が増えることがあり、反対にHA(high average)の場合は滞液時間を短めに変更する方法があります。


腹膜透析液の濃度を上げる、つまり1.5%のダイアニールを2.5%に変更する方法もありますが、できれば、透析液のブドウ糖の濃度は低めにしておきたいので、場合によっては、エクストラニールというブドウ糖の入っていない透析液に変更する方法も選択肢に上げられると思います。


さらに、腹膜透析の場合には、残存腎機能が保たれやすいという特徴があります。

ですので、まだオシッコが出ているものと思われますので、腹膜透析での除水量が増えてくるまでの間、利尿剤を増量するという方法もあります。


主治医の先生と相談をしながら、どのような方法がよいのかお決めになって下さい。


[回答日 2018/11/19]

関連記事

(質問のつづき) また、病院によって認知症の患者は治療が断られるとあったのですが、どれくらいの重症度だと断られるのかを教えて頂ければと思います。 [回答] ご質問にあるように、病院によって付き添いをお願いする目安は、かなり異なると思いますので、その点をご承知おきいただき、Q&Aをご覧いただければと存じます。 ●認知症を合併している方の透析治療について ご高齢の透析患者さんが増えており、 それに伴い

[回答] 人工血管によるシャントでも自己血管によるシャントでも同じですが、血液の流れの通りに穿刺をするのが基本です。 ですから、ループ型の人工血管シャントの場合には、A・Vとも上向き穿刺とします。 ストレート型の場合には、Aは下向き穿刺、Vは上向き穿刺とすることがほとんどです。 逆穿刺(A側の下向き穿刺のことですよね)を見たことがないとのことですが、上に書きましたように血液の流れを考えると下向き穿

(質問のつづき) 週3回の通院をしていると仕事に着く時間が少なくなり、それに伴って収入も減り趣味などに割く時間やお金がなくなり、喪失感でいっぱいになります。腎不全以外の病気はなく透析を受け続ければ生存することができる場合でも辞めることはできますか?またなんと医師に伝えれば辞めさせてもらえるでしょうか? [回答] お若い方が、透析治療が必要な腎不全になってしまい「喪失感でいっぱい」とおっしゃるお気持